タグ別アーカイブ: 2級建築士

2級建築士試験 絶対落ちたくない人必見!

正栄2022年最初のキャンペーンとして、「2級建築士総合コース、学科コース」の受講料20%オフ+入学金無料+教材費無料のキャンペーンを実施します。

2020年(令和2年)の建築士法改正によって、建築士試験の受験要件が大幅に緩和されました。これまでは大学や専門学校の建築系の学部・学科を卒業する以外では、受験に際し「実務経験」が必須となっていました。

しかし改正後は、実務経験は「免許登録に対して必須」とされたため、合格後に実務経験を積む形でも良くなり、2級建築士試験の受験に際しては、どんな学歴であっても、学校卒業後すぐに受験できるということになり、建築士を目指す間口が大幅に広くなったのです。

背景には、建築業界の人手不足と高齢化問題があり、現在チャンスは広がっていると良いと思います。

とはいえ試験自体が簡単になったわけではありません。2級建築士試験は、非常に難易度の高い試験です。例年の合格率を見ると、まず学科試験の合格者が4割程度、そして学科試験の合格者のみが受験できる製図の実技試験の合格者が5割程度、よって全体での合格率は、2割から3割に届かないくらいです。

例年通りであれば、2022年度(令和4年度)も4月に申し込みが行われ、7月に学科試験、9月に製図の試験が実施されます。

このように大きくチャンスが広がる中、年初からきちんと勉強すれば、7月の試験に十分間に合います。正栄では、マンツーマンで基礎から学べるので、初めて受験する方でも安心です。資格取得に特化したカリキュラムで合格を目指します。

2級建築士は難関なので諦めてしまっている方、自分には遠い夢だと思っている方、そんなことはありません!あなたの夢は自分自身で勝ち取るのです。今年は夢を実現させましょう!是非、正栄にそのサポートをさせてください!

2級建築士実技コースのご案内

2級建築士の学科試験が7月4日に実施され、合格者が発表されました。次は9月12日に実技試験が実施されます。

2級建築士の試験はなかなか難易度が高く、学科の合格率は3割程度、学科に受かった方たちが受けられる実技は5割程度です。しっかり勉強して学科を受かったとしても、半分程度が落ちてしまいます。

実技試験に合格するには、設計製図のきちんとした対策が必要です。

建築系の予備校もありますが、予備校の授業はある程度分かっている方向けになっていることが多いです。
例えば理工系の大学で学んだりと基礎がある人には問題ないのですが、それ以外の方や、これまで建築士の試験を1回も受講したことが無い方ですと授業そのものについていけず、時間を無駄にしてしまう可能性があります。

正栄では設計製図の経験がない方でも、基礎からきちんと習得することができます。学科に合格したものの実技が不安という方は、2級建築士実技コースを受講してみてください。今から苦手部分をしっかり学んで、克服しましょう!

カリキュラムについても、個別に対応いたしますのでご相談ください。

2級建築士コースはこちら